あんなにキラキラした 空はもうかえってこない
プロフィール

masahiko

Author:masahiko
¡Bienvenido a“La poesia”!

詩を書いています。
ベジタリアンです。
原発がなくなればいいな。

★関心★
ジェンダー・哲学・心理学

★趣味★
詩作・物語作り・音楽鑑賞
映画鑑賞(海外ドラマも)

★好きなアーティスト★
松任谷由実(ユーミン)
ジョージ・マイケル(安らかに)

★好きな映画★
「ぼくを葬る」
「トーチソング・トリロジー」
「ベニスに死す」
「フィラデルフィア」

★好きな海外ドラマ★
「glee」
「アグリー・ベティ」
「デスパレートな妻たち」

★好きな物語・本★
「欲望という名の電車」
「若き詩人への手紙」
「地下室の手記」
「男だけの育児」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春から夏になる頃は 夜風を感じていたくなる

騒いだ部屋は置き去り 夢は覚めてから輝きだす


星は雲に覆われて 唯一わかるおぼろ月

さっきみんなで観た映画 余命3か月の主人公



ドアの開く音が聞こえて 君が隣で肘おいた

遠い猫のシルエット 秘密ごとみたいに教える


次第に蒼くなる空と 浮かびあがる向かいのビル

どこからか白い朝もや 街を目覚めさせて消えた


 話す気なんてないことばかり 口に出してしまいそう

 夢の後はひとり 本当の私になれるとき
スポンサーサイト
<< 風が吹いたら // ホーム // Reminiscence >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://masahiko13.blog40.fc2.com/tb.php/390-1abb3368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。