FC2ブログ
プロフィール

roman

Author:roman

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR


朝方の空に 漂う朱色の雲 

あなたが見てるその背中を

終わりの日まで見ていたい


部屋に入るとき 目を合わせないように 

腕時計を気にしながら

帰ろうかなと呟いた


 朝風のにおいが 思い出つれてくる

 それはあなたではなく 幼かった日のひととき



哀しみを無理に おしころしたりしない 

あなたをまだ愛してるのに

どうしても涙が出ない


ずっと恐れてた その日が来ているのに 

すがったりはしないみたい

案外冷めているものね


 朝焼けに見惚れる 後ろでドアの音

 それはあなたが残す 言葉にならない溜息


 朝風のにおいが 思い出つれてくる

 それはあなたではなく 幼かった日のひととき
スポンサーサイト
<< 人生はSurprise // ホーム // キララを探して >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://masahiko13.blog40.fc2.com/tb.php/396-e2918575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //