あんなにキラキラした 空はもうかえってこない
プロフィール

masahiko

Author:masahiko
¡Bienvenido a“La poesia”!

詩を書いています。
ベジタリアンです。
原発がなくなればいいな。

★関心★
ジェンダー・哲学・心理学

★趣味★
詩作・物語作り・音楽鑑賞
映画鑑賞(海外ドラマも)

★好きなアーティスト★
松任谷由実(ユーミン)
ジョージ・マイケル(安らかに)

★好きな映画★
「ぼくを葬る」
「トーチソング・トリロジー」
「ベニスに死す」
「フィラデルフィア」

★好きな海外ドラマ★
「glee」
「アグリー・ベティ」
「デスパレートな妻たち」

★好きな物語・本★
「欲望という名の電車」
「若き詩人への手紙」
「地下室の手記」
「男だけの育児」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄暗い廃墟で 僕は高い窓を見上げる

絶え間なく聞こえる 叫び声を聞きながら


 あの子連れていかれた 昨日のあの子は炎の中

 今日のあの子は 皮を削がれることだろう



ここにいる僕らは 死ぬために生まれてきたんだ

頑丈な檻から 出るときは消されるとき


 あの子美しかった 昨日のあの子は優しかった

 今日のあの子と 空へはばたく夢を見た


 あの子連れていかれた 昨日のあの子は炎の中

 今日のあの子は 皮を削がれることだろう
スポンサーサイト
<< Colline~銀河を感じて // ホーム // 星ひとつくらい >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://masahiko13.blog40.fc2.com/tb.php/412-8d1402d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。