あんなにキラキラした 空はもうかえってこない
プロフィール

masahiko

Author:masahiko
¡Bienvenido a“La poesia”!

詩を書いています。
ベジタリアンです。
原発がなくなればいいな。

★関心★
ジェンダー・哲学・心理学

★趣味★
詩作・物語作り・音楽鑑賞
映画鑑賞(海外ドラマも)

★好きなアーティスト★
松任谷由実(ユーミン)
ジョージ・マイケル(安らかに)

★好きな映画★
「ぼくを葬る」
「トーチソング・トリロジー」
「ベニスに死す」
「フィラデルフィア」

★好きな海外ドラマ★
「glee」
「アグリー・ベティ」
「デスパレートな妻たち」

★好きな物語・本★
「欲望という名の電車」
「若き詩人への手紙」
「地下室の手記」
「男だけの育児」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧深い夜の荒野を 列車は進んでゆく

線路を走る音だけ 聞こえてくる車内


  みんな黙ったままなのは

  はむかうには手遅れだと

  気づいているから


 行く先も知らずに 揺られている人達

 私だけははじめから 乗せられること知っていた



窓から投げた手紙には 愛してると綴った

あの人に届くことを 祈るしかなかった


  悪夢こそが真実だと

  漂う哀しみの中で

  気づいてしまった


 行く先も知らずに 揺られている人達

 私だけははじめから 乗せられること知っていた


 幸せだった日々 思えるのも今だけ

 終着駅はかならず 息もできない闇の城
スポンサーサイト
<< Fairy Tale // ホーム // SIMOOM SIMOOM >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://masahiko13.blog40.fc2.com/tb.php/420-51b0ae47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。