あんなにキラキラした 空はもうかえってこない
プロフィール

masahiko

Author:masahiko
¡Bienvenido a“La poesia”!

詩を書いています。
ベジタリアンです。
原発がなくなればいいな。

★関心★
ジェンダー・哲学・心理学

★趣味★
詩作・物語作り・音楽鑑賞
映画鑑賞(海外ドラマも)

★好きなアーティスト★
松任谷由実(ユーミン)
ジョージ・マイケル(安らかに)

★好きな映画★
「ぼくを葬る」
「トーチソング・トリロジー」
「ベニスに死す」
「フィラデルフィア」

★好きな海外ドラマ★
「glee」
「アグリー・ベティ」
「デスパレートな妻たち」

★好きな物語・本★
「欲望という名の電車」
「若き詩人への手紙」
「地下室の手記」
「男だけの育児」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい水しぶき浴びながら 滝のそばに立っているよう

飛び込めば死ねるけど まだ振り返りたい人がいる


  私の言葉は君を越えて

  霧になって空をゆく


 残されたすべがないのなら 少しずつ離れるだけ

 さようならの声くらいは 君も聞いてくれるだろう



二人で走りたかった道が 地平線へと続いている

いつか見ようと言って それきりになったあの滝まで


  私の言葉は君の前で

  石になって落ちてゆく


 残されたすべがないのなら 少しずつ離れるだけ

 愛してたの声くらいは 君も聞いてくれるだろう


 残されたすべがないのなら 少しずつ離れるだけ

 さようならの声くらいは 君も聞いてくれるだろう
スポンサーサイト
<< 太陽になりたかった // ホーム // Milky Blue >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://masahiko13.blog40.fc2.com/tb.php/425-afa2816b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。